Search
Profile
Recommend
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Blogpet
Blogpeople
Drecom
Flickr
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from clover2005a. Make your own badge here.
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
2015.02.28 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
名もなき毒
2006.11.27 Monday 23:16
名もなき毒
名もなき毒
宮部 みゆき

どこにいたって、怖いものや汚いものには遭遇する。それが生きることだ。財閥企業で社内報を編集する杉村三郎は、トラブルを起こした女性アシスタントの身上調査のため、私立探偵・北見のもとを訪れる。そこで出会ったのは、連続無差別毒殺事件で祖父を亡くしたという女子高生だった。


久々の「本」カテゴリ更新。
昨日の新幹線で読み始め、今日は早く帰れたので読破してしまった。

「誰か」の主人公が再び登場。シリーズ化していくのかな。

暖かく、軽い語り口なのに、ストーリーは意外と重い。なんとなく主人公夫婦の会話が好きだ。ほんわかしている感じがする。でもそういう暖かな感じの中に時折はっとするような表現や出来事が現れる。そんなところが宮部みゆきの作品の好きなところの一つ。

今回は「クリスマスには自殺者が増えるという」という表現になぜかはっとさせられた。
| Clover | | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
新宿鮫・狼花
2006.10.11 Wednesday 23:26
狼花  新宿鮫IX
狼花 新宿鮫IX
大沢 在昌


地獄を覗かされ、日本を捨てた国際犯罪者・仙田。外国人犯罪を撲滅するため、限界を超えようとするエリート警官・香田。どん底からすべてを手に入れようとする不法滞在の中国人女性・明蘭。自ら退路を断ち突き進む男女の思惑と野望が一気に発火点に到達した時、孤高の刑事・鮫島が選ばざるを得ない「究極の決断」とは?理想と現実、信念と絶望、個人と社会、正義の意味、そしてこの国のありようが、骨太かつスピーディな物語に溶解していく。


随分久しぶりの「新宿鮫」シリーズ。

昔のようなスピード感はあまり感じられなくなったかなぁ、とは思いつつも、やはり新作が出ると読んでしまう。結構面白かった。

正義とは何かについてぶつかる鮫島と香田、仙田の思い、明蘭の強さが印象的でした。
| Clover | | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
誰か/宮部みゆき
2006.04.29 Saturday 21:56
誰か Somebody
誰か Somebody
宮部 みゆき

宮部みゆきの小説はわりと好きで、特に現代物はほぼすべて読んだといえる。最近本をよんでなかったんだけど、久しぶりに夜寝る前少しずつ読み出した。宮部みゆきが好きな理由はいくつかあるけど、その一つになんとなく暖かい感じがするってのがある。扱っている内容がすごく凄惨でも、どこかほっとするとこがある。それは大体が人との暖かな心のふれあいだったりする。

今回の「誰か」は、ある巨大企業のグループ広報室に勤める男が、父親を事故で亡くした姉妹が書く父親の伝記の編集を手伝うのだが・・・。という話。

内容には触れられないけどよみおわったらタバコすいたくなってしまった。つーか吸った。また禁煙やり直しだよ。

わりとありがちな話ではあるけど、だからこそ読み終わったあとのなんともいえない後味がある。
| Clover | | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
さおだけ屋はなぜ潰れないのか?
2005.12.26 Monday 21:35
さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学
さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学
山田 真哉

すごい久しぶりに本のカテゴリを更新するなあ。

まあしばらく前に流行った本です。会社に提出しなきゃならない課題がいくつかあって仕方なく読んだ。会計という概念に気軽に触れるならいい本かなあと思いました。専門用語がほとんどないし。

会計って難しく感じるのは、見えないところを扱わないといけないところなのかなあと思ったりする。企業の財務データはある程度使うので、僕も会計の知識はちょっとはあるんだけど、ちゃんと勉強しなきゃなあとよく思う。来年修士論文出したらやろう。どうせ簿記はとらないといけないし。
| Clover | | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
英文会計
2005.01.30 Sunday 00:34
英文会計の基礎テキスト
英文会計の基礎テキスト
三輪 豊明, 小西 憲明

ゼミに行ったとき、先輩にこの本を紹介された。
このタイプの本があることを知っていれば、去年の11月ぐらいに英文が訳せなくて苦労することもなかったのかも。

まあお勧めかどうかも役に立つかどうかもわからないけど。まだ読んでないので…。まあ今後も必須の能力なのでがんばって読もう…。
| Clover | | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
姑獲鳥の夏・映画化
2004.06.28 Monday 13:05
姑獲鳥(うぶめ)の夏
姑獲鳥(うぶめ)の夏
京極 夏彦

日刊スポーツより

直木賞作家京極(きょうごく)夏彦氏(41)の人気小説「姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)」が映画化されることが27日、分かった。主人公の名探偵、京極堂こと中禅寺秋彦を堤真一(39)が演じ、共演陣も永瀬正敏(37)阿部寛(40)宮迫博之(34)に加え、2役のヒロインに原田知世(36)など豪華な顔ぶれがそろう。既に8作が発表されている人気ミステリーだけに、製作側は横溝正史「金田一耕助」のようなシリーズ化を予定している。来夏公開。
| Clover | | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |
The Crazy Dog has come back to the town
2004.06.12 Saturday 00:09
北の狩人
北の狩人
大沢 在昌

数日間風邪で寝込んでいた。
体調が悪いな…と思ってたらいきなり発熱。
続きを読む >>
| Clover | | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/1 pages next→