Search
Profile
Recommend
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Blogpet
Blogpeople
Drecom
Flickr
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from clover2005a. Make your own badge here.
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
2015.02.28 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
郡上八幡の旅
2007.07.22 Sunday 23:15
ふとしたきっかけで、水のまち、郡上八幡に行ってきました。

お昼すぎぐらいに到着して、昼食。
ミニ懐石を食す。うまい。

街を歩いてみる。
山に囲まれ、川のせせらぎが聞こえる町は心地よい。

城に上ってみる。
蒸し暑い。
功名が辻。

温泉に入ってみる。
川と森がとても近くて、きれいな場所だった。
森の匂いがする空気は酸素が濃くておいしい。


| Clover | | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ぶらり琵琶湖一人旅
2007.04.29 Sunday 22:56
ぶらり琵琶湖一人旅
〜新緑に包まれた琵琶湖・比叡山を巡る〜

というわけで、旅行会社のパンフみたいだけども、今日はレンタカーを借りて、琵琶湖にぶらっとドライブに出かけてみた。

今日の相方はホンダ・フィット君。コンパクトカーはパワーが物足りないけど、小回りが利くので好き。

9時ごろ出発。FMを聞いてると、渋滞がひどそうなので、資金節約もかねて一般道で琵琶湖を目指す。途中休憩を挟みながら2時間ちょっとで長浜に到着。琵琶湖のほとりを歩いてみる。天気がよくてとても気持ちよかった。カップルがお弁当を広げててうざい、とか言ってはいけない。



長浜城は豊臣秀吉が出世した城らしい。未履修問題のせいで(?)歴史には疎いんだよな。日本史の知識は中学分までしかない。長浜城はなんだか妙に新しい。鉄骨コンクリート造とか書いてあるし。う〜ん、風情はないな。中は普通の博物館だった。



さて午後は高速を使い、湖西方面へ。比叡山延暦寺へ向かう。さすがに荘厳だった。国宝殿もなかなかよかった。



5時ぐらいから、雄琴温泉で日帰り温泉に入る。サウナがすごい暑くてきつかった。

さて、帰りは琵琶湖大橋とか通ったら、渋滞に巻き込まれる。途中強烈な空腹に我慢できず、道路沿いの餃子の○将につい行ってしまう。結局旅行しても食べるもの同じだし…。

帰り、高速に乗ろうとしたら、逆走車がいてびっくりした。あぶないから…。

へろへろになりながら、10時ごろ帰宅。一人ドライブはやっぱつらいなぁ。楽しかったけど、ちょっと疲れた。なにより風呂上りにビールが飲めないんだなぁ…。
| Clover | | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
加賀百万石への旅
2007.02.12 Monday 21:45
3連休を利用して、石川県に2泊3日で旅行に行ってきました。加賀温泉とか金沢とか。

メンバーは大学時代に所属していたサークルの友達。僕を含めて男5名、女4名の大所帯で旅行へ行ってきました。ギターこそ無いものの、合宿のような雰囲気。

〜1日目〜
加賀温泉ヘは新幹線と特急を乗り継いで向かった。
合流において、「諸事情」によって人数が足りなかったりしたけど(まあ遅刻)、雑談しつつ米原駅に降り立つ。米原駅は各方面から人々が集まり、散っていく役目を持っているらしく、連休初日と言うこともあってか、人々でごった返していた。乗り換えの改札は明らかに容量オーバーで長蛇の列。それをクリアして特急に乗るも、自由席では座れず(指定席もとれなかったらしい)、ほとんど座ることはできなかった。それでもI氏やこんにゃく嬢と雑談をして楽しく過ごす。

加賀温泉駅に到着し、ゆきち嬢と夜行バス組をスーパーの謎の喫茶店で待つ。

合流後、タクシーで山中温泉にある旅館「翠明」へと向かう。今回の旅は実にタクシーを多用した旅であった。翠明は「はるちゃん」という旅館を舞台にした昼ドラのロケ地で、学生時代暇な平日の昼間とか見ていたこともあったので、見覚えのある内装だった。結構規模の大きな旅館。サービスも中々良く、料理もおいしく、風呂も大きかった。

チェックインして休憩後、散歩へ。途中で職場放棄する(?)謎の居酒屋で鍋焼きうどんを食べたり(でもまあまあおいしかった)、コロッケを買い食いしたり、景色を見て廻ったり、ネコと戯れたり楽しかった。

旅館へ戻って食事。カニづくしだった。カニ地獄というか。一年分くらいのカニを食べたような気がする…。

風呂入った後飲み会。飲んだ飲んだ。

〜2日目〜

とりあえず4時間ちょっとぐらい寝た後、朝風呂へ。温泉きたら長風呂、朝風呂は必須です。幸せ。

午前中はバスに乗って金沢へ。金沢駅からタクシーで妙立寺へ向かう。この寺は別名忍者寺と呼ばれ、加賀三代藩主前田利常によって建築された、隠し部屋、落とし穴、地下通路など複雑な構造でできたお寺である。忍者寺と呼ばれるのはこのような複雑な形状による。このお寺は結構有名らしく、観光客がたくさんいた。

午後は小松へ向かい、九谷陶芸村にて、ろくろを回す。陶芸は楽しかった。なんか癒される。こころが落ち着くというか。集中できる。難しいけど、自分の思い通りの形に作れると楽しい。陶芸趣味にしようかな。ギターと相性がすごくわるいのが気になるけど。爪きらないと邪魔だし。
陶芸の帰り、世界は圧倒的な静寂に包まれていて、なんだかすごかった。静寂が体を包み込むような。自分たちの会話以外の音がほとんどしない。なんとなくこの静けさは好きだった。

旅館に戻った後、食事したり風呂入ったりしたあと、飲み会。良く飲んだ。けどなんかわりとすぐ寝てしまった。寝たって行っても3時くらいだけど。

〜3日目〜

全員の疲労がピークに達する中、朝食では酒の飲みすぎと寝不足によるどよんとした空気が流れる。朝食後、部屋に戻るとものすごく酒臭い。ありえない。よくこの中で寝れてたな僕は。

チェックアウト後、鶴仙渓を歩く。鶴仙渓はこのあたりで有名な景勝地。森に囲まれた川のほとりは静謐な空気に満ちていて、リフレッシュできた。今風(?)にいうとマイナスイオンが満ちている感じ。

昼食後、おみやげを買って、4時くらいの電車で帰路につく。ずっと立ちっぱなしだったのでちょっと辛かった。

今回の旅は楽しかった。よく食べ、よく飲み、よく話し、よく笑った。いい旅だった。

次回は長野のクヌルプになるといいなあ。

ところでブログ左サイドにFlickrを復活させました。いずれ旅の写真をアップする予定ですので、興味ある方はどうぞ。
| Clover | | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |
杭州行ってきた
2006.04.02 Sunday 19:04
杭州行ってきました。

杭州は上海から高速道路を通って一時間半ぐらいのところにある、西湖が有名な観光地。道中事故がやたらと目立っていた。まあ中国にいったことがある人はわかるんだけど、あんな運転していたら事故るにきまっているわけで。面白かったのは荷台に豚を満載したトラックが何台か見ることができたということかな。中国っぽいなあ。

さて午前中はどこかのお寺(名前忘れた。たぶん有名)へ入ってみる。ここは日中友好記念の空海像があって日本人的にはなんだか微妙な感じ。この日中問題は僕の上海滞在に微妙な影響を与え、地下鉄の満員電車に乗っているときに携帯に電話がかかってきて、出るべきかでないべきかちょっと躊躇したり、2年前ならそんなに気をつかなくてもいいようなことに(勝手に)気を使う羽目に。
脱線したので話を戻すと、このお寺は大きな仏像がたくさんあり、景色もとてもきれいでかなりよかった。線香でかい。

昼飯はどっかの飯屋で食べる。注文は食材を直接選んで料理してもらうんだけど、異文化コミュニケーションは根性だということを再認識できた。「これ、これ」とかしか言ってないけど。まあほとんど注文は友達がやったんだけどさ。

昼過ぎに龍井茶を買う。

それから雷峰塔へ。西湖全体を見渡せてとてもいい感じ。風が強かったけど。

うーん、写真がアップできないからなぁ…。
| Clover | | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
ロンドン滞在記4
2006.03.21 Tuesday 09:43
ロンドン市内はまあ行っていないところもあるけど、めぼしいところは見たかなぁという感があったので、この日は電車に乗ってちょっとロンドン郊外に行ってみることにした。

パディントン駅というところまで地下鉄で行き、そこから電車に乗る。イギリスの電車って言うのはどうも発車直前までプラットホームが決まってなくて、いきなり放送と電光掲示板で発表するので油断できない。チケットを買って電車に乗り込む。

僕が行ったのはウィンザー城っていうところなんだけど、現在実際に使用されている最大のお城らしい。パディントン駅から乗換えを含めて4,50分で行くことができる。

ウィンザー城はいかにも城といった雰囲気。なんか判りづらい表現だな。まあいいか。静かな雰囲気はよかった。けどやっぱり日本人が多かった…。

昼食はその辺のパブでビール飲みながらフィッシュアンドチップス。店の女の人はいきなりやってきた謎の日本人に優しくしてくれました。たぶん…いや絶対観光客慣れしてるだけだけどもね。フィッシュアンドチップスははじめて食べたけど、最初は結構うまいんだけど、食べ続けてると油濃くて食べるのがきつくなってくる。もうたべなくてもいいかなぁという気がする。

イートン校付近をぷらぷらしたあと、3時くらいにロンドンに戻る。とくにいくところもないなぁと思ったので、グリニッジへ行ってみることにした。パディントンの反対方面で地下鉄と電車を乗り継いでいった。この頃になるとものすごく寒くて歩いているのが辛かった。今回フードつきのコートを着ていったけども、このフードが大活躍していた。かぶらないと寒すぎて歩けない。

グリニッジはご存知のとおり標準時のグリニッジ天文台があるところ。いまではもう天文台はないけど跡地が小高い丘にある。ここにいくまでがものすごい風が強くて寒かった。博物館がある敷地内には金を払うはずなんだけど、なぜか受付の人が気前よくてただで入れてもらえた。閉館間近だったからかなぁ。

夜ハロッズでおみやげをお買い物。でもすぐしまった。7時にしまった。

夕食なんだけど、おいしそうなオイスターバーがあって目をつけていたんだけどもそこがしまってて、仕方ないのでそのへんのステーキ屋さんに入って食べてた。店員の人が妙に優しかった。まあたらふく食べて酒も飲んで満足してホテルへ帰ったのでした。

とりあえず今回のロンドン滞在記はこんなところで終わり。読んでくれた人ありがとうございましたー。

今回の旅行の総括としては、すくなくとも英語圏を一人旅できるぐらいの英語力はあるのかな、と。でもそんなことは誰でもできるわけで、もっともっと語学力を磨かなきゃいけないなあと思い知らされました。たまに言ってることわかんないし。あと一人旅は寂しい。普段はいいんだけど食事時がすごい寂しいし、食事の選択の幅がどうしても狭まるなぁ。まあコレは仕方ないか。目標は一年に一回は海外行くってコトかな。次回はぶらり香港一人旅がいいなー。最終目標はマチュピチュに行くことなんだけどね。
| Clover | | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ロンドン滞在記3
2006.03.21 Tuesday 01:21
3日目。

この日は天気が悪かった。まあ僕の滞在中は初日を除いてほとんど曇りか雨で、日が差すということがあまりなかったんだけど、これは僕がひどい雨男のせいではなくて、こういう気候なんだと思いたい。運の悪いことに寒波がやってきていたらしく相当寒かった。へこむほど寒かった。

午前中はテート・モダンという現代美術を扱った美術館へ行ってみた。現代美術を扱っているだけあって、なんとも評価しようがない美術品がたくさんあった。

昼飯はどこにしようかと歩いていたら、ロンドン中華街にやってきていた。いきなり匂いが「上海」になって、これってきっと食べ物(調味料?)の匂いなんだろうなあと思ったり。ロンドンの中華料理には定評があるものの、今ひとつ興味がわかなくて、結局そのへんのCOSTA(スタバみたいなとこ)かなにかにしてしまった。妥協だ。まあ上海ならいつでもいけるし。というか寒すぎてもう外にいられなかった。

午後はベーカーストリートへ。イギリスといえばシャーロック・ホームズ。シャーロック・ホームズといえばこのストリートですね。寒いもんで建物の中がいいと思って、近くにあるマダムタッソー蝋人形館に行ったんだけども、ここが大失敗であった。まあ値段も24ポンドという高値なんだけども、ココは一人で行くべきところじゃない。相当孤独感を味わった。何が哀しくて太った白人におじさんたちとお化け屋敷に入らなきゃならんのか。孤独には強いと思っていたんだけども、コレは無理だった。耐え難い。

で、外にでると寒いし。シャーロック・ホームズ博物館を探してもなぜか急に方向音痴になって見つからないし。ipodからは2046のテーマとか花様年華の夢二のテーマとか流れてきて泣きそうだし。で、ようやく見つけたシャーロック・ホームズ博物館は…。まあたいしたことなかった。

自分が孤独に弱いことをこうも思い知らされたことはなかった。ipodは急遽大塚愛とかにしてみた。大塚愛を聞きながら乗るロンドンの地下鉄ってのも、それなりにシュールではあった。んで、ピカデリー・サーカスへ。ピカデリー・サーカスという界隈は日本人が多い。中心街ってのもあるんだろうけど、ここにはJAPAN CENTREっていう日本人用の店がある。ここで朝日新聞を買い、一階で味噌ラーメンとか食べた。店員の人に英語で注文とられたんで英語で返答したんだけど、日本人の女の人だし…。後半は尻すぼみに日本語になってしまった。どっちをしゃべればいいかわからん。まあココに味噌ラーメンはうまくないよ、別に。たぶん探せばもっとうまいところあると思うし。ほうれん草冷えてたし。でも味噌の味にはほっとした。

次の予定まで時間があったので、その辺のカフェでカプチーノなど飲みながら朝日新聞を読んだりしていた。

で、今夜のメインイベントはミュージカル「オペラ座の怪人」。ロンドンにきたら絶対ミュージカルを見たいと思ってたんで。まず劇場Her Majesty's Theatreの雰囲気がいい。女王の名(Her Majesty's)を冠した由緒正しい劇場でとても上品な雰囲気。僕の席は1階席とはいえ前から5列目くらいで、かなりいいポイント。地下に埋まっている(?)オーケストラの指揮者の姿も見える。あのテーマがはじめて鳴ったときは鳥肌モノだった。また、ステージをかなり立体的に使っていて、舞台演出に驚かされる。いくどもどよめきが起きる演出。そして泣ける。嗚呼ファントム…。ミュージカルはおろかオペラ座の怪人も見るの初めてだったんだけど、かなり楽しめた。帰り道メロディが頭の中で流れ続けていた。一番最初にここで見てしまうと他で見れなさそうだな、オペラ座の怪人は。映画版見てみよ。
| Clover | | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |
ロンドン滞在記2
2006.03.20 Monday 00:07
さて翌日は6時半くらいに起きる。前日の夜は9時くらいからうつらうつらしていたので、さすがに眠くなかった。BBCをぼーっと見ていると、段々おなかも空いてきたのでシャワーを浴びて食堂へ。このホテルは朝食だけついている。まあたいした物でもないんだけど、それでも一人暮らししている普段のぼくの朝食よりも割といいものなので喜んで食べる。コーヒーも二杯飲む。

8時半くらいから通勤客にまぎれて地下鉄でロンドンの中心へ。ロンドンの地下鉄では朝、無料の新聞を配っていて、乗客はみんなコレを読んでいる。僕もロンドン滞在中はもらって読んだりしていた。ロンドンのラッシュって、日本の東京からするとぬるい感じがする。時間的なものもあるのかもしれないけど、なんかまだ押し込めば十分乗れるだろ、と思うんだけど、みんな無理しないで次のを待ったりしてた。地下鉄料金はかなり高くて初乗り3ポンド。1ポンド200円程度なのを考えるとかなりの高値。でも一日乗車券が4.9ポンド。どういう価格設定なんだろ。ロンドンの物価はほんとに高くて、感覚的には東京よりも高い感じがした。ただその分美術館とか博物館とかが無料なのはちょっと感心した。

この日の午前中はバスツアー。基本的にぶらり旅なんだけど、ツアーの方がどう考えても効率的かつお徳なので申し込んだ。ちょっと恥ずかしいけど。しかし、そのおかげでかなり効率的にロンドンを回ることができた。見たところは、ロンドン塔、ナショナル・ギャラリー、ビッグベン、ウェストミンスター、バッキンガム宮殿のパレードなど見所満載。

12時すぎに解散になり、その辺のパブでビールなど飲みながら良くわからないものを食べる。うまかったけど。サーモンをケーキ上にして丸めて焼いたもの。こうやって店内では僕だけがアジア系の中ひとりでぼうっと酒飲んでると、海外に来たんだなぁと実感できた。

午後からは有名な大英博物館へ。大英帝国の略奪の結果だろ、と言う人もいるけど(そして確かにそうなんだろうけど)各国の貴重な歴史的建造物を無料で見ることができるのはありがたい。というか柱とか壁とか引っぺがしてまで持ってくることないとは思うけど。
ここには日本の高校生が修学旅行かなんかで大発生していて、最近の高校生はイギリスに修学旅行なのかと驚いた。すごいな。

2時間程度見てちょっと眠くなったので、大英博物館前のスタバで休憩。この後行くところをまったく決めてなかったんだけど、思いつきでノッティング・ヒルへ行ってみることにした。映画見てないくせに。ノッティング・ヒルは「ノッティング・ヒルの恋人」で有名になったところ。街自体は静かな住宅地という感じで、散歩していると心地よい。公園みたいなところに入り込んだら、鍵閉められて出られなくなった…っとおもったら、管理人のおじさんがあけてくれた。

次はハロッズに行ってみた。かの有名な高級デパート。ここは日本人だらけだった。ブランド物がたくさんあって物欲に負けて買い物しまくりそうになったけど、なんとか理性で押さえ込んだ。この店はよくないところだ。物欲が最大化してしまう。
スガシカオがここのROTISSERIE BARという鶏肉を料理してくれるところがおいしいと薦めていたので、夕食はここでとることにしてみた。ハロッズの一階には食料品コーナーがあって、ここにいくつかカウンターレストランがある。ROTISSERIE BARはその一角にある。ぼくがたのんだのはハーフチキンというヤツで、なかなかのボリューム。味付けはおもったより薄めだったけどおいしかった。ワインとか飲みたかったんだけど、この後予定があったし我慢して水にする。店の人も気さくな感じで中々いい雰囲気。でもよく考えると鳥インフルエンザ…。

さて最後はナショナル・ギャラリー。一応午前中いったんだけど、時間が10分しかなくて、ゴッホのひまわりとかしか見れなかったんで、再訪。昔は絵なんてまったく興味がなかったんだけど、最近は見ることができるようになった。印象派がやっぱり好きなのかなぁ、詳しくはわかんないけど。

この時点で夜9時近くて、もう寒くてビールとか飲んでる場合じゃない。ということでその辺のカフェでコーヒー飲んで、結局帰ってきた。まあ途中コンビニで買ったビールを部屋で飲んだんだけどさ。
| Clover | | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/5 pages next→